ブログ

不妊治療が保険適用に!でも…

4月から不妊治療が保険適用になりますね😊

先日からどこまでが保険適用になるのか、どんなお薬が保険適用になるのかが発表されています。

 

そして、先日、実際どのくらいの金額になりそうかも発表されました☝️

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc15dc98ae04b7e1027a9f09ef3d8fe7a7284002

 

・一般不妊治療管理(250点)

・抗ミュラー管ホルモン(AMH)検査 (600点)

・人工授精(1820点)

・体外受精(4200点)

・顕微授精

1個の場合 (4800点)

2~5個の場合(6800点)

・採卵  

※採卵できた卵子の数に応じて異なる

1個の場合(2400点)

2~5個(3600点)

・胚培養

1個の場合 (4500点)

2~5個の場合(6000点)

・胚移植

新鮮胚移植(7500 点)

凍結・融解胚移植(12000 点)

・胚凍結保存

1個の場合(5000点)

2~5個の場合(7000点)

・精巣内精子採取(12400 ~24600点)

 

(診療報酬点数として現在議論中ですが、ここから大幅な変更はないのではないかと思います)

診療報酬は「1点=10円」

3割負担の場合

診療報酬点数x10円x 0.3 =価格

 

参照:厚生労働省 不妊治療の保険適用

 

安い!と思った方も、えぇー💦結構高いと思った方も両方いらっしゃるのではないでしょうか✋

 

ちなみに、ここで心配なのは、4月から保険適用になっても、保険適用条件範囲内なのに自費治療を選ばざるを得ないご夫婦が出てくるのではないかということです。

 

そういうご夫婦の為に助成金を継続する自治体もあるようですが…

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e7afbee547da24ee805c060a6b3664adcca0816

 

 

Data:2022.02.28

ブログ一覧へ

COPYRIGHT © shinvier ALL RIGHT RESERVED.