ホームblog健診で逆子と言われたら…

院長ブログ

blog

健診で逆子と言われたら…

逆子とは、胎児の頭が下にない状態をいい、医学用語では「骨盤位」と呼ばれます。

逆子 逆子のお灸 逆子を治す方法

妊娠中期まで、胎児は子宮内でさまざまに体勢を変化させますが、
妊娠週数が進み、体が大きくなると頭が重くなるため、

頭を下に向けた「頭位」という状態に落ち着きます。

このような状態にならないことを一般に逆子といいます。

産婦人科での健診では妊娠28週前後の健診で指摘されることが多く

ほとんどの方が『そのうち治るから様子を見ましょう』と言われます。

逆子だからといって、脳の発達に異常が出たり、形態異常が出たりする確率が高くなるとは考えられていません。

ですが自然分娩や無痛分娩を希望されている方にとっては『このまま逆子が治らないと帝王切開になってしまうのでは…?』と不安ですよね( ;∀;)




逆子と診断された時、今までは逆子体操を指導されていました。
しかし、近年では、逆子体操はあまり効果がないという研究結果もあり、お腹の張りの原因、子宮収縮の誘発や切迫早産での禁忌という理由から逆子体操をすすめない産婦人科も増えています。

鍼灸院での逆子の治療では、三陰交・至陰というツボをよく使用します。

その他、当院では妊婦さんの体質、体調を把握し、原因を解消するためにその他のツボも使用し、身体全体の血流を良くし逆子を改善していきます。



逆子のお灸 逆子整体



お灸をする回数や量は、今現在、妊娠何週目かなどによって変わってきます。
それぞれのお身体に合わせて施術・治療を行いますので、ご安心ください。

逆子のお灸はいつから、いつまで?
逆子改善のためにご来院される方はほとんどが妊娠28週以降の方です。
そこから治療を始めて、逆子が治るまで行います。

おすすめは週1回から週3回。

週数によっても違いますが、妊娠33週を越えると治りにくくなりますので

週2回から週3回のご来院をおすすめすることもございます(*´ω`)

また、煙の出にくいお灸を販売しておりますので

ご自宅でのセルフお灸をご希望の方には施術箇所(ツボ)の指導も

致しますのでご来院時にお気軽にご相談ください(^^)/



自分で逆子を治す
逆子のお灸 福岡 逆子

帝王切開の日が決まってしまって出産が迫っていても、治療はご本人が望む限り諦めないで一緒にやっていきます。

ぜひあきらめず焦らずご相談くださいね♡


当院では5回以内のご来院で改善することが多いです(^^)/


新着記事

無料の妊活雑誌『ジネコ』最新号入荷🌸

blog・news

2024年4月のご予約について

blog・news

3月の整体のご予約受付開始をしました。

blog
ブログ一覧に戻る

ご予約について

診療時間10:00〜18:30

×

日曜日、祝日は定休日となります。

092-985-3469

電話受付:10:00〜18:30(月曜〜土曜)

※施術中はお電話に出られないことがあります。

Web予約
Web予約 Reservation