ブログ

妊活・不妊治療にとりいれるなら整体?鍼灸?

現在、定期的に福岡市内の不妊治療専門クリニックへ研修に行かせていただいています。

 

 

 

患者様への対応、

採卵や移植における一連の流れ、

そして緊張と不安の入り混じる患者様へ寄り添う姿勢、

患者様一人ひとりに合わせた治療を行うために

いろいろな検査を行い、採卵周期の卵巣刺激法を決めたり

移植の方法を決めたり。

 

 

不妊治療専門クリニックでの治療を実際に見て学ぶ事で

たくさんの刺激をもらっています。

 

 

 

そしてまだまだ勉強しなければいけないことがたくさんだな、

と実感する日々です。

 

 

たとえば、卵管造影や子宮鏡、フーナーテストなどの検査のこと。

 

クロミッド、エストラーナテープ、レトロゾール、ゴナールF、膣錠などなど、

不妊治療に使われるお薬のこと。

 

ショート法、ロング法、アンタゴニスト法などの卵巣刺激についてなど。

 

知っていると思っていた事でも、

いろいろと気づかされること、新しい発見がたくさんあります。

 

 

私が一つでも多くのことを学ぶ事で、

「病院で聞けなかった、聞いたけどいまいちよくわからなかった」

「病院に通ってみたいけど、本格的なのはまだちょっと・・・」

と思っている方の、病院との橋渡しになれればいいな、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は不妊治療をメインに整体、整骨院、鍼灸院などで働いてきました。
.
.

 

いろいろなところで知識や経験を積んでいくうちに

不妊治療を『お店のメニューの1つ』ではなく、

もっと『専門』としてやっていくため、

もっと学ばなければいけないと思い、

クリニック研修に行くことにしました。
.
.

 

 

そして、晴れて妊娠された後、

安心して安全に鍼灸を受けられるよう、

母体と胎児の状態を確認してから施術にあたるため、

エコーを導入することにしました。
.
.
.
.

私が最後まで一番悩んだのは、整体院にするのか、鍼灸院にするのかでした。
.
.
.
.
.

不妊治療はステップアップすればするほどお金がかかります💰➰
.
.
.
金銭的な事情で治療を辞められた方もたくさん見てきました😣💦💦
.
.
.
病院と同じように『医療費』として認められる治療院にしたい。
.
.
.
.
そう思い、整体院ではなく、

国に認定された医療費控除対象の鍼灸院として運営することにしました。
.
.

Data:2017.07.06

ブログ一覧へ

COPYRIGHT © shinvier ALL RIGHT RESERVED.