ホームblog新鮮胚移植になぜ黄体補充が必要なのか

院長ブログ

blog

新鮮胚移植になぜ黄体補充が必要なのか

採卵周期は卵巣刺激による生理的濃度を超えるエストロゲン分泌により黄体機能が低下します。

 

 

また卵巣刺激にGnRHアゴニスト(ロング法・ショート法)やアンタゴニストを使用した場合、その影響は排卵後にまで及び黄体機能の低下に拍車をかけることになります。

 

 

さらに採卵によって顆粒膜細胞の多くが取り除かれ、十分な量の黄体が形成されないことも黄体機能の低下にかかわります。

 

 

新鮮胚移植周期における黄体補充の評価は黄体補充を受けなかった群の臨床的妊娠率、継続妊娠率、出生率が黄体補充を受けた群より50%も低下するという報告もあります。

 

 

#新鮮胚移植 

#胚移植

#移植後の症状 

#移植周期 

#移植日 

#移植後 

#移植日決定 

#不妊治療福岡 

#不妊治療 

#エストラーナテープ 

#エストラーナ

#ルティナス膣錠 

#ルティナス 

#ルテウム 

#ルテウム膣坐薬 

#ウトロゲスタン

#ワンクリノン 

#黄体ホルモン補充 

#黄体ホルモン 

 

新着記事

気にしてほしい東洋医学的症状『ノドの違和感』

blog

気にしてほしい東洋医学的症状『げっぷ』

blog

体質改善で妊活を早く卒業!①

blog
ブログ一覧に戻る

ご予約について

診療時間10:00〜18:30

×

日曜日、祝日は定休日となります。

092-985-3469

電話受付:10:00〜18:30(月曜〜土曜)

※施術中はお電話に出られないことがあります。

Web予約
Web予約 Reservation