ブログ

着床の窓って??

受精卵側にも子宮内膜側にも

『着床しやすい時期』

というものがあります。

 

 

 

子宮内膜側の着床しやすい時期のことを
着床の窓と呼びます☝️

 

 

自然排卵周期では着床の窓は排卵日を0日目とすると排卵後5日目~9日目前後と言われています。
(確定はしていません、文献によって多少差があります。そして個人差があります)
それ以前でも、それ以降でも胚盤胞は着床出来ないんです。

 

ERA検査(子宮内膜着床能検査)
平均より着床の窓が開いている期間が短い、早い、遅いなど、着床時期と凍結融解移植胚成熟度のミスマッチを診断するための検査です☝️
何度良好胚を移植しても結果が出ない場合に施行されることが多いです。
個人差のある、着床の窓が開いている時期を特定することで、その方の胚移植に適した日がわかります💫

 

高額な検査ですが、
当サロンに来られている患者様も
この検査を受ける方がここ1~2年くらいで
グンと増えた気がします✋

 

せっかくの良好胚なのに移植する日がズレてた❗
なんてもったいないですよね😫💦

 

この検査を受けた25%~30%の方が実際に着床の窓がズレていたという結果も出ているそうです。

 

なかなか結果が出ない場合は
試してみても良いかもしれません☝️

 

 

 

 

 

現在九州で受けられるのは

11施設(クリニック)のようです(^^)

 

 

【福岡県】

IVF詠田クリニック

井上善レディースクリニック

蔵本ウイメンズクリニック

古賀文敏ウイメンズクリニック

 

【熊本県】

ソフィアレディースクリニック水道町

 

【宮崎県】

とえだウィメンズクリニック

野田医院

ゆげレディスクリニック

 

【鹿児島県】

竹内レディースクリニック

徳永産婦人科

 

【沖縄県】

ウィメンズクリニック糸数

Data:2019.01.29

ブログ一覧へ

COPYRIGHT © shinvier ALL RIGHT RESERVED.