ブログ

妊活における東洋医学の考え《脾胃》

東洋医学で脾胃は、

飲食物を消化吸収し、栄養(気・血・水)にする役割を担います。

また、統血作用と言って、血を不必要に漏らさないようにする機能があると言われています。

脾胃は肝による影響を受けやすく、 ストレスによって考え事が多くなると、気の巡りが悪くなり働きが弱まり、食欲が低下したりします。

 

 

 

脾胃が弱くなると、味がない、食欲がない、 下痢、軟便、腹痛、胃が重いなどの消化不良や胃腸の症状が出てきたり、元気がない、顔色が悪い、疲れやすい、痩せる、手足に力が入らないなどの気血の不足の症状も出てきたりします。

また、血便や皮下出血(ぶつけてないのに)が見られる事もあります☝️

 

妊活に関係ある症状なら、生理前にダラダラ少量の出血がある、不正出血、排卵出血などが見られることがあります☝️

 

くよくよと思い悩んでしまう

食欲がなく消化不良をおこしやすい

胃がチャポチャポする

下痢をしやすい

内出血しやすい

唇が荒れやすい

顔や手の色が黄色っぽい

甘い物が異常にほしくなる

食後にお腹がぽっこり出る

体幹にくらべて手足が細い

食後に眠気が出やすい

雨が降ったり、梅雨の時期、季節の変わり目にだるさや頭重感などの不調が出やすい

 

 

などの症状がある方は脾胃が弱いかもしれません⚠️😣

Data:2021.10.26

ブログ一覧へ

COPYRIGHT © shinvier ALL RIGHT RESERVED.