ホームblog胚移植時の黄体ホルモン補充

院長ブログ

blog

胚移植時の黄体ホルモン補充

 

天然型プロゲステロン膣剤は日本では2014年から使用可能となりました。

 

筋肉注射、経腟投与、経口投与による黄体補充の有効性については様々な議論がされていますが今のところ最も効果的な投与経路については結論が得られていません。

 

生殖医療ガイドラインでは胚移植時の黄体補充は天然型プロゲステロン膣剤(商品名:ルテウム、ルティナス、ウトロゲスタン、ワンクリノン)が第一選択となっています。

 

 

2022年10月育休制度が変わります!

https://cs.sonylife.co.jp/lpv/pcms/sca/ct/special/finance/index2209a.html?lpk=C3331

 

2022年9月出生前診断の認証施設が増えます!

https://jams-prenatal.jp/

日本医学会 | 出生前検査認証制度等運営委員会

新着記事

何度も流産を繰り返す不育症の検査や治療は保険適用?鍼灸は効果がありますか?

blog

妊活は何から始めたらいい?どうすれば卵の質が上がる?福岡で妊活・不妊治療なら!

blog

2人目の妊活を始めたいけど、上の子の預け先がない、病院には連れて行きたくないけど…

blog
ブログ一覧に戻る

ご予約について

診療時間10:00〜18:30

×

日曜日、祝日は定休日となります。

092-985-3469

電話受付:10:00〜18:30(月曜〜土曜)

※施術中はお電話に出られないことがあります。

Web予約
Web予約 Reservation