ブログ

胚移植時の黄体ホルモン補充

 

天然型プロゲステロン膣剤は日本では2014年から使用可能となりました。

 

筋肉注射、経腟投与、経口投与による黄体補充の有効性については様々な議論がされていますが今のところ最も効果的な投与経路については結論が得られていません。

 

生殖医療ガイドラインでは胚移植時の黄体補充は天然型プロゲステロン膣剤(商品名:ルテウム、ルティナス、ウトロゲスタン、ワンクリノン)が第一選択となっています。

 

 

2022年10月育休制度が変わります!

https://cs.sonylife.co.jp/lpv/pcms/sca/ct/special/finance/index2209a.html?lpk=C3331

 

2022年9月出生前診断の認証施設が増えます!

https://jams-prenatal.jp/

日本医学会 | 出生前検査認証制度等運営委員会

Data:2022.09.17

ブログ一覧へ

COPYRIGHT © shinvier ALL RIGHT RESERVED.